上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピーちゃんが8月3日に突然天に召されました。
この一文を書くだけで、涙が溢れます。

前日の日曜日、実家に行ってピーちゃんにも会いましたが、その時は元気にピーピー言っていました。
まさか死んじゃうなんて。

その日の朝も普通に元気だったそうです。そして夜、父がピーちゃんの様子を見に行った際に、苦しそうにバタバタしていて、慌てて病院を探している間に、息をひきとったとのこと。
はっきりした原因は不明ですが、あまりに若すぎました。

思えば私たち家族は、やっぱりヤンを一番に考えてしまい、ピーちゃんはいつも二の次でした。
愛情が足りていたとは言えなかったと思います。
母はピーちゃんにかわいそうなことをしたとずっと悔やんでいます。

その夜は、母が泣いていたせいか、ヤンも何かを感じ取って伏せして神妙にしていたそうです。

命って本当に儚すぎる。
命あるものを飼うということは、簡単なことではないと思い知らされました。

指を入れると噛んできたピーちゃん。
かごの中のはしごを登っていたピーちゃん。
くるくる回るおもちゃを回して遊んでいたピーちゃん。
ピーピーかわいい声で鳴いていたピーちゃん。
人の頭の上に登るのが好きだったピーちゃん。
写真を撮ろうとすると動いてうまく撮らせてくれなかったピーちゃん。
本当にかわいかった。
もっといろんなピーちゃんを見たかった。


DSC_6015.jpg

DSC_6017.jpg

DSC_6018.jpg

DSC_6039.jpg

DSC_6040.jpg

DSC_6055.jpg

DSC_6056.jpg
スポンサーサイト
ヤンとピーちゃんの仲が良くないので、いつもはヤンが1階に、ピーちゃんが2階にいるのですが、リビングが1階にあるため、どうしても人は1階にいることが多くなります。

それじゃあピーちゃんがかわいそうだということで、今日、ピーちゃんをヤンのいる1階に連れて来てみました。



ヤンの届かないテーブルの上にピーちゃんのかごを置いてみました。

ヤンは常にピーちゃんを気にしている様子で、少しでもピーちゃんが鳴いたり、音を立てたりすると、ピーちゃんの近くにとんでいき、ワンワン。

ピーちゃんの方は、全く気にせず、1人で遊んでいました。
ピーちゃんの方がヤンより器が大きいようです。

ピーちゃんは寂しくなくて機嫌が良いのか、いつもよりよく鳴いていました。



そしてピーちゃんの写真を撮っていると何故か怒ってワンワン吠えるヤン。
ヤンの写真を撮ろうとしても逃げるくせに~

ヤンの落ち着きがなさすぎるので、3時間程で、ピーちゃんは2階に戻りました。
みんながいる時は、たまにピーちゃんを1階に連れてくるのもいいな。ヤンも少しずつ慣れて欲しいです。



ピーちゃんが2階に行って、ヤンもようやく落ち着きました。



相変わらずのどっしりおしり。かわいいおしりです。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村




先週の日曜日は、久々にピーちゃんにも会いました。





指輪が気になるようで、何度も噛んできました。



指に乗ってくれました。
体温が高くて、ピーちゃんが乗ると指に熱を感じます。



携帯で写真を撮っていると、カメラが気になったのか、乗り出してくるピーちゃん。



人の言葉はしゃべらないけど、色んな声で鳴いてました。
いつか話すようになるのか?


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村

ピーちゃんは暗くなると寝てしまうとのことで、夜に実家に行った時は会えません。

休みの日、昼間から実家に行った時、ピーちゃんをかごから出して遊びました。







腕に乗せると頭まで登ってきたりもします。





2階に行き、「ピーちゃん」とヤンに聞こえる声で言うと、ヤンが階段を登ってくるようになりました。
前まで登れなかったのに。
(降りることはやっぱりできないので、そうなるとだっこで降りなければならなくなります。)

ピーちゃんがかごに入っている状態で、ヤンを押さえながら部屋に入れてみました。
吠えませんが、ヒーヒー言ってました。
車で公園に散歩に行く時、公園にもう着くよってときにヤンがいつも出す声です。
威嚇している声ではありません。
ピーちゃんにもっと近付きたいのかな。

写真を撮る時に、「ピーちゃん」というとヤンがカメラ目線してくれることに気付きました。
「おさんぽ」という言葉と同じ効果があります。
「おさんぽ」だと、その後散歩に行かなくてはならなくなるので、こっちの方がいいかも。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村

日曜日、午前中はピーちゃんの病院へ。
喉が腫れているようだというので、健康診断も兼ねて。

以前ヤンの手にできものができたときに行った病院が、調べたら鳥も診てくれるということで、行ってきました。



病院の待合室は、犬用と、猫・小動物用に分かれていました。
結構混んでいましたが、みんな静かに待っていました。

ピーちゃんは羽も綺麗だし、元気そうだし、問題ないとのこと。
喉が腫れているように見えたのは、お腹が一杯のとき、鳥は喉の辺りにある袋に食べ物をためるので、少し膨らんで見えるとのこと。

性別は多分♂で、見たところもう成鳥サイズだそうです。
成鳥になってしまうと、もう年齢は分からないみたいです。

体重は、平均より3g程多いので、メタボ注意です。
うちの家族はみんな太りやすいので、気をつけなきゃ。

犬と一緒の部屋にするのはやっぱり無理なのかということも質問してみました。
犬種を聞かれ、ウエスティーだと答えると、「もともと狩猟犬なので、鳥は獲物でしかない。一緒にするといつか殺されます」とのこと😱
あのかわいい姿と「殺す」ということがどうしても結び付きませんが、音のなるおもちゃを振り回すヤンを思い出すと、やっぱり狩猟本能はあるようだし。
お互いにとって、別々の部屋で暮らすのがいいということですね。





指を入れると噛んできます。じゃれているそうです。

ピーちゃんは車の中で、いつもよりピーピー鳴いていて、お出かけできたことを喜んでいたようです。鳥も鳥かごを持って公園などに行った方がいいそうです。
ヤンと一緒に行けたらいいのですが、一緒は難しいかな。
ヤンとお散歩に行って、その後ピーちゃんとお散歩に行って、だと大変そうだなあ。



ピーちゃんどアップ!ヤン以上に写真撮らせてくれません💦


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。