FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月最後の日曜日、父と母は祖母の納骨のために大阪へ行きました。
今回は飛行機+ホテルのお得なセットで行ったため、ヤンはお留守番。
夜ひとりにしておけないからということで、私が実家にお泊りしました。
考えてみると、しょっちゅう来ている割には泊まったのは結婚して以来初めてでした。

DSC_2656.jpg

仕事帰りの夫が晩ご飯を食べに寄りました。
食後、テレビを見てくつろいでいると、ヤンもソファーに
もう眠くてしょうがないのに、みんなでいたいみたい。

DSC_2660.jpg

夫が帰り、私がお風呂に入っている間に、ヤンはいつもの場所に移動して、外を見ていました。
眠そうだったから寝てるかなと思ったけど。

この日私は母のベッドで寝ることに。
もう寝ようか、と言って布団に入ってもヤンはすぐにはベッドに上がって来ません。
「今日はパパもお母さんも帰ってこないよ」と言うことが理解できなかったかな。
電気を消したら、うろうろした後、足元に来て寝たようでした。
その後私も寝たのでうっすらとしか分からなかったのですが、夜中もがさごそ落ち着かない様子でした。
おかげで私の眠りも浅く、次の日は一日中眠かった。。

朝はいつもより一時間早く目覚ましをセットして、ヤンとお散歩に行こうと思っていましたが、気付くといつもの時間に!大急ぎで準備し、全く余裕なく出社時間となりました。
一瞬会社を30分遅刻して散歩に行っちゃおうかとも思いましたが、やっぱりだめだと心を鬼にして、ヤンの期待の目を振り切って、ごめんと謝りながらうちを出ると、雪が積もってました!
でも前みたいなのじゃなくて、もっとさらさらの雪。
どこかのワンちゃんの足跡を見ると、ヤンも喜んだだろうなと少し切なくなりました
起きれなかった私のばかー

両親は月曜の夜遅くなるとのことだったので、会社帰りにまた実家へ。
朝の罪滅ぼしのつもりで少し長いお散歩。
いつもとは違う道を行ってみると、17才というワンちゃんに会いました。
大きかったので、ヤンが吠えるかなと思いましたが大丈夫でした。
ヤンはしっぽを小刻みに振って、ちょっとびくびくしながら(?)挨拶していました。
おじいちゃんって分かったのかな?

あとで母にヤンって夜は熟睡しないのか聞いてみると、いつもは熟睡しているとのこと。
やっぱり父と母を待っていたのかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runrunyanyan.blog.fc2.com/tb.php/65-ffc1118d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。