上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤンのことを心配して、回復を祈ってくださって、本当にありがとうございます!

昨日午後みんなで面会に行きました。
弟と彼女も来てくれました。
母も会社を早退して来ました。
出張から帰ってきた父も。

もう腹水というより、血になってしまっているようです。
止血の薬と抗生剤と肝臓を保護する薬と吐き気止めを点滴しているとのこと。
先生は今は状態を落ち着かせる治療をしていて、病気を治すというわけではないと。

利尿剤も入れているので、おしっこはかなりたくさん出る。
尿カテーテルを入れているので、色が見えるのですが、色が濃いのでもしかしたら黄疸も出ているかも。

みんなが来ると、ヤンはそっちに来てくれようとしました。
点滴と尿カテーテルの管のため、あまり動けませんが。
一昨日より、さらにぐったりしているように見えました。
一昨日は病院の周りを少しだけでもお散歩できたから。

入院と言っても夜は誰もいなくなるそうなので、夜だけうちに連れて帰ることにしました。
病院にいるとずっと点滴してもらえるので、体は楽かもしれませんが、精神的にはうちでみんなと一緒の方がいいと思うので。

夜また迎えに行って、みんなで帰ってきました。
車に乗っている間に尿カテーテルが外れてしまいましたが、うちではちゃんと自分でトイレでおしっこできたので、問題ありませんでした。

水をかなり飲みたがりましたが、少しずつでないと刺激されて吐き気が起こると言われたので、器に1㎝ずつ。
ちょっと多かったのか、吐き気が起こってしまったようで、ラグを引っ張ったり、床をカリカリしたり。
弟たちがコンビニに寄って帰ってきて、チャイムの音がすると、ヤンはそれまで辛そうだったのに、いつものように玄関まで走って行くのでした。
犬のすごい習性。

そしてちょっと吐き気が治まったのか、いつものベッドの隙間、ヤンの場所に入って行きました。
やっぱりそこがヤンの一番落ち着く場所。




お正月は息子がインフルエンザになり集まれなかったので、家族写真を撮ろうということに。(夫はいませんが)







みんなで写真が撮れてよかった。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
あまりに突然のこと過ぎて、気持ちが追い付かないのですが、記録のために。
今日からヤンが入院することになりました。


2週間前、軟便の後ヤンのおしりから鮮血がポタポタポタと垂れたとのこと。
驚いた母が近所の病院に連れて行き、先生がおしりに指を入れて検査したところ、腫れていないし、特に問題はなさそうなので、抗生剤と便の薬をもらって様子をみることに。

1週間経って、血はそれ以降出なかったけど、今度はうんちが出にくくなり、2日間出なかったので、再度病院へ。
レントゲンを撮ったら、腹水が溜まっていることが分かり、各臓器の超音波検査と血液検査をしてもらいました。

超音波の画像を見る限り、大きな腫瘍は見当たらないとのことでした。
でも肝臓と胆嚢に異常あり。その他の臓器は綺麗。
血液検査の結果からは、ASTとALTの値が異常に高いことが分かりました。
AST 基準値15-48 ヤン223
ALT 基準値18-71 ヤン>1000
これも肝臓に何らかの異常があるということだそう。

はっきりとは分からないけれど、肝臓に異常がある。
黄疸も出ていないし、高熱もないので、まだそこまで進行してはいないと思われる。
見たところ大きな腫瘍は見当たらない。
何か毒物(除草剤など)を食べてしまった時にもこうなることはある。
とのこと。
この時は元気はあり、ドックフードは残すけれど、鶏肉のささみは食べていました。
何も食べなくなったら、点滴するので来てください、ということで、ひとまずこの日は肝臓を保護する薬をもらって帰宅しました。

これが火曜日のことです。
幸い水木と母が休みだったので、ヤンと一緒にいられました。

水曜日は、母にべったりくっついて、ずっと甘えていたとのこと。
やっぱりいつもと具合が違うから、不安だったのかな。

木曜日は、食欲もなく、薬をどうしても飲まなかったので、朝から点滴をしに病院へ。
私も心配だったので、お昼から実家に行きました。
ヤンは元気はあり、お散歩も喜んで行きました。
でもやっぱりいつもと少し様子が違いました。
落ち着かないみたいで、色んなものを引っ張り出したり、私にもぺったりくっついてきたり、じっと見つめてきたり。

そして今日、朝母から電話があり、ヤンの具合が急激に悪くなったと。
何も食べないし、お散歩も行けない。
吐き気もひどいらしい。

近所の病院に連れて行くか迷ったけれど、セカンドオピニオンも大切だと思い、少し遠いもっと大きな病院へ行くことにしました。
母は仕事を休み、私も今働いていないので行けました。

今までの経緯と、血液検査の結果を見せると、うちの病院では即入院の値だと。
また腹水に血が混じっているのは、大きな事故にあったか、腫瘍が破裂したかのどちらかだと思われる。
事故にはあっていないので、腫瘍がある可能性がある。
肝臓の値もやはりだいぶ悪い。
腹膜炎がひどいので、まずは腹膜炎の治療をし、腹水に血液が混じる原因の検査と肝臓の治療をするのこと。

入院して、毎日点滴することになりました。
期間は未定とのこと。
毎日面会はできます。

そのまま病院に預け、夕方面会に行きました。
点滴をして、ちょっと元気になったようでした。
先生に「おしっこを我慢してしまうので、少しお散歩に行ってきて下さい」と言われ、外に出た途端にたくさんおしっこしました。

外に出て、他のワンコを見るとしっぽも立ち上がり、そっちに行きたそうにします。





ちょっと歩いて、病院の駐車場でしばらく外の風にあたっていました。



病院のワンコ、アポロ君に会うと、挨拶もしました。








わりと元気な時もあるので、ちょっと食べさせてみましょう、と先生が鶏のささみを持ってきてくれましたが、舐めはするものの、やっぱり食べられませんでした。
ヤンの大好きなささみなのに、食べないのは相当しんどいんだよね。
私たちの側でゆっくり寝ていました。

まだまだ一緒にいたかったけど、時間が来たので「また明日来るからね」と言って、帰りました。

帰ったあとも心はずっしり重く、ため息ばかり出てしまいます。

以前ワークショップを受けたことのあるアニマルコミュニケーションをやってみました。(今までも何度か自分でヤンとはやっています)
ヤンのことを思って、心静かにしていたら、胸の辺りが温かくなってきたので、これはもしかしたら、ヤンの調子がよくなってきているのかしら、とちょっとだけ心が軽くなりました。
それか、ヤンが「心配しないでね」と言っているのかな。
これは自分でやっているだけなので、気のせいなのかもしれないのですが…

昨日まで元気だった子が突然具合が悪くなる、とはよく聞く話で、ヤンももう10歳だから何が起こっても不思議ではない、と口では言っていたものの、心の底ではヤンは病気にならないと信じているところがありました。

実際、先週の日曜日は普通に元気に一緒にお散歩に行っていたのに…

なんとか元気なヤンに戻って、また一緒にお散歩できますように。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村

先週久々につどいの森に散歩に行きました。
というのも、最近つどいの森公園は日曜日はものすごく混んでいて、もうちょっと先にある別の公園に行っていたのです。

やっぱりすごい人でした。
そしてお散歩のワンちゃんがほとんどいない…







うーん、やっぱりヤンとの散歩にはしばらく違うところの方がいいのかな。
前はここに来れば、色んなお友だちワンコに会えたのに残念…


先々週は風邪でヤンに会えず、さらにその前の週の日曜日。
ちょっと先の公園へ行きました。





この公園は以前、遠くにウェスティちゃんを見かけた公園。
なんと父はこの日も遠くに見かけたそう。
(私と息子は別のところにいて見かけることもできず…)





ブログをしばらく放置していましたが、ほぼ毎週日曜日にはヤンとお散歩しています。
私の日曜日の楽しみです♪




にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
うちの家族はみんな焼きいも好き。
特にヤンと息子。
暗くてわかりづらいけど、私が持っている焼きいもに群がる二人。



私も大好きだから、たくさん食べたかったのに、ほぼ二人に取られました。

そして、ぐうたらしているうちに昼寝。



寝ている息子を移動させたら、ヤンも移動しました。



しばしの自由時間♪


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
去年の年末からボサボサになりかけてたヤンですが、ようやくトリミングに行ってきました。



すっきり、ふわふわ真っ白なヤンになりました!



いつもしっぽはふさふさ長めのカットですが、今回はそこが毛玉になってしまい、久々のにんじんしっぽです。



トリミングに行くと、どうしてこんなに真っ白になるのでしょう?
うちでシャンプーしてもここまで真っ白にならないのに。
いつもお願いしているオゾンシャワーがいいのかな?



ネムネムヤンちゃん。
お疲れさま(*´ω`*)


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。